« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の記事

2010/11/28

2010教室忘年会!!ちと早い。

まだ、11月。 なんだけど、今年はいろいろあって、早めの忘年会でした。

教室の会員は、50名以上になるのですが、忘年会等、だいたい20名くらいになってしまいます。
しかしながら、年齢、性別、関係なく、日頃のうっぷん? を晴らすべく、盛り上がるんですね〜!
また、来年も、いい作品をつくって、いい仲間と、楽しい時間が過ごせればいいですね^^

わたしは、そんな場をつくれたらいいかな、、清野陶房がそんな場になればいいかな、、

Bounenkai2


10bounenkai


| | コメント (2)

2010/11/23

中盛さん、佐倉で2人展!

清野陶房で勉強中(10年になるね)の中盛さんが、佐倉の「創作陶器、釉」で、2人展を開催します。
ここでは3回目?かな。
お時間ある方は是非!! 国立歴史民俗博物館の向かいです。
Nakamori1


Nakamori2

| | コメント (0)

2010/11/22

和の万華鏡展、仙台万華鏡美術館に巡回。

先日、世田谷美術館で開催された「第8回和の万華鏡展」今度は、仙台万華鏡美術館に、巡回して開催されます。引き続き、わたしも大小6、7点の出品となります。
ご質問等、ありましたら、メールください^^
Img046


Img045


| | コメント (0)

生徒作品解説@清野陶房 ・2 完成

Iさんの作品が完成しました!
P1020345_2

P1020344_2


「塔」の方は、思いがけず、面白いことが、、窓をいくつか開けていますが、その一つが中に落ちていて、本焼き後振ると、チリリン とかわいい音がします。
わたしは「鈴虫の塔」と名付けました(だ、ださい?)

ピッチャーは、本焼き後、ヤスリで化粧土を落として、いい風合いになったと思います。


P1020346_2


P1020347_2


どうでしょう!?

| | コメント (4)

2010/11/21

生徒作品解説@清野陶房 ・2

さて、生徒作品解説用に、もう一人土曜クラスの Iさんの作品も一緒に撮っているので、解説を。

Inoue1_2
Iさんは、独特の世界を持っています。「イ○○○ワールド」と呼んでしまおう。
派手さは無いけど、素朴ともちがい、国や人種を感じさせない、、リアルなような、夢のような、、
そして、テクスチャーに凝ります。

今回は2点、平行して作成していました。 

Inoue2

ピッチャーと、塔? 鉄分の多い、細かい土で、紐作りでつくったピッチャー。
白土で、やはり紐作りの塔。
塔は、素焼き後、屋根を黒化粧とグレーの化粧土を混ぜて、塗りました。
その洗い水というのかな、、それで、壁を汚しています。
そして、マット釉を薄く吹き付けて、ガス窯で、還元焼成。

Inoue4


Inoue5
ピッチャーは、うちで黄化粧と言っている、白化粧土に、少し黄土を混ぜた化粧土をコンプレッサーで、吹き付けて、、電気炉で酸化焼成しました。


Inoue7


さて、二つの作品の完成披露は、後日!

| | コメント (0)

2010/11/20

生徒作品解説@清野陶房 ・1 完成

さて、Aさんの作品が焼き上がりました!
P1020334

最後に、金箔を貼りました。これは、上絵ではなく、箔を接着剤で貼付けました。特に釉薬の薄い場合や、焼きしめの上だと、上絵の金は、きれいにあがりません。
雅やかな作品になりました〜! いかがでしょう。


P1020354_2


| | コメント (4)

2010/11/19

生徒作品解説@清野陶房 ・1

以前ここで書いたのですが、、教室の生徒さんの創る作品を例にして、技法等解説しようかな、、なんて思い、少しずつ写真を撮っています。

まずは、土曜クラスのAさん! ○越百貨店関係のデザインを手がけている会社のデザイナーさんですが、、キャリアも長く、とても細かく、丁寧な仕事を得意としています。工芸的には、強い表現ができないことがあったり、デザイン的になり過ぎて、味、深み、勢いが少し、、、ということもあるのですが、市展、県展でもがんばっています。
Asakura1

制作途中からですが、手びねりで、蓋物を創りました。 当工房でとっている赤土を使い、かたちを作ってから、白化粧土とピンク色の化粧土をつかい、桜、桃の花を描いています。他に黒化粧土を使い、デザインしています。

Asakura2


Asakura3


Asakura4

素焼き後、マット釉をコンプレッサーで、極薄く掛けました。無釉だと、乾いた感じになってしまうのと、赤土の部分の変化、が少し欲しかったからです。
ガス窯で、還元焼成しました。

さて、出来上がりは、、、明日、窯出しですので、その後に ^^ 

| | コメント (0)

2010/11/18

猫好き大騒ぎ!!

ホームページの方で、万華鏡は紹介しているので、こちらではあまり載せていないのですが、、シャレで創った「Cats」という万華鏡が、今日の教室で、大人気だったので、紹介します。
木曜クラスには筋金入りの猫好きがいるのですが、、
Cat6_2

外観はなんとなく曲線を感じる形にして、シッポを金と、プラチナの上絵。

オブジェクトに小さな猫をつくりました。白、黒、三毛、トラ、、の4匹。その他、陶のオブジェクト、ガラスのオブジェクト等々、、

Cat5


Cat3

まあ、覗いても、猫 と判らなくてもいいと思っていました、、、が、、みんな大騒ぎで、「あ!顔が見えた!!」 「ほらほら三毛猫ー!!」 「なんで私には猫が見えないのー!?」

猫好き恐るべし! しばらく賑わいました^^;;;
ごく普通の2ミラーと3ミラーですが、、うまく猫の写真が撮れないな〜 三毛とトラがなんとなく映りました。


Cat2


Cat1


| | コメント (5)

2010/11/12

キムチ!!

清野陶房の陶芸教室の話題が食べることばっかり! と、いうのもなんなんだけど、まあ、そういう話題が多いので、またひとつ。
金曜クラスに韓国人の女性がいます。みんなと話していて、やっぱ、本場のキムチが食べたい! ということで、そのKさんが持って来てくれました。
わたしは、ご飯だけ持って行ったのですが、いろいろ「キムチ」や「明太子」、胡麻の葉の「ケンニッ」ジャージャー麺で知られる「ジャーザン」等々、ご飯が何杯でも食べられる^^  美味しかったですよ〜。 Kさん、ありがとうございました。


しかし、これからは、教室の陶芸の話題も載せるようにしよう! そういえば、うちは30種くらいの釉薬が自由に使える。そして、場合によっては、工房の原料を使って、釉薬を作ることもできる。
そういうのって、意外とないらしい、、教室自慢でした^^vKimuchi


| | コメント (0)

2010/11/07

瓦も色々

清野陶房の屋根が大分傷んでいるので、屋根屋さんに修理をお願いした。

最初に、屋根屋さんが「普通の和瓦じゃないので、部分的に新しいものに変えるとかはできない」
とのこと。確かに、よく見ると、普通の見慣れた瓦と形がちがうかも。
とりあえず、2階は総入れ替えして、1階は2階のもので、悪い所を交換してもらうことにした。

自分で焼けばって?? みんな同じようなことを^^

ぱっと見はわからないんだけど、、色々あるんだね〜
ちなみに、鬼瓦? っていうのかな、屋根の両端に付いているヤツ、、これも変わってるよね。


101107_104601


101107_104602


| | コメント (4)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »