« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の記事

2011/03/31

月曜クラス、送別会;;

陶芸教室、月曜クラスのWさん、、うちに来て7年目? だったかな、だんなさまの転勤で、教室をやめることになり、みなさんの持ち寄りで送別会が開かれました。M

他にも転勤族の方はいらっしゃいますが、わたしなんか子供の時に千葉市に越して来て、そのままずーーっとですから、そういった方々の日々の生活に対する考え方?というか、気持ちというか、よくわかりません。
3年、4年で、他の地域に転居、ということを常に考えて生活するわけで、わたしのように、一生ここだな、、というのとは生活の考え方も違うんでしょうね。

Wさん、お元気で! また何かの機会にお会いできるといいですね^^/

| | コメント (0)

2011/03/28

ご高覧ありがとうございました!

この度の ギャラリー古島での「陶の万華鏡展」では、ご高覧 誠にありがとうございました。
万華鏡だけの個展も、4回開催しましたが、皆さんに喜んでいただけると、またつくろうという気持ちが膨らみます。

また、「もう器は作らないの?」という声も聞かれますので、次回は、テーマを絞って、器と万華鏡で、個展の開催をしようか、なぁ〜 とも思っています。 

また、お会いできる事を楽しみにしております。 清野一郎
P1030182


| | コメント (2)

2011/03/26

万華鏡 情報交換!

陶の万華鏡展開催中、何人か、万華鏡作家さん達も観に来てくれました(まだ終わってませんが)
名取さん、細野さん、実松&斉藤さん、切敷さん、、

そうすると、まず、材料、鏡やレンズの調達のこと等の話題になり、情報交換の場となります。
陶芸関係の材料などは、まず困ることはありませんが、万華鏡となると、工作的なものから、特殊なもの、普段あまり手に入らないものまで、色々な方向に目を向けてアンテナを立てておかないといけません。
二度と手に入らないものも案外あるんですよね。
「見つけたら、買い占め!大人買い!!」なんてこともよくあります。
でも、そんな話しをするのが、実はとても楽しかったりします。
お互い、苦労している所がわかっているから。
P1010979

| | コメント (2)

2011/03/24

あした、遅れた卒業式

タイトルから思い浮かぶのは、ニュースで見た被災地での、小学校等の遅れた卒業式、ですが、これはちょっと違います。

わたしが陶芸科の授業を見てる「千葉県生涯大学校」は、毎年文化会館で、千名もの方々が卒業されるのですが、今回は地震の影響で延期になり、各学校で、証書を渡すことになりました。

20年以上卒業生を見送ってきましたが、始めてですね、、
まだまだ余震も多く、食べ物、水も心配なことが連日ニュースで聞くような毎日、いろいろ落ち着くのは当分先だ。

あ、ということで、ギャラリーに行くのは午後になります、、一応


| | コメント (0)

2011/03/20

展覧会 3日過ぎて

まだまだ余震もあり、不安は残りますが、ありがたいことにけっこう観に来てくれます。

「こんな時にありがとう」というのが最初の挨拶になりますが、、「いやいや、こんな時だから癒しがね」
と言ってくれた友人がいました。
なんだか、少し「やってよかったか」と思いました。
照明を少し落として、エアコンは人が来たら入れる、というかたちで、開いています。


1


3

遠い所から電車等でみえた年配のご夫人、「恐いから暗くなる前に帰るわ」
、、「本当に気をつけてお帰りください」という言葉が出ます。

| | コメント (0)

2011/03/17

ギャラリーにいない日。

18日から、28日までの個展、、「会場にいるのはいつ?」という、メール、電話をいただいたので、brogにも記しておきます、、

ほとんどいるつもりなので、行けない日、時間を書きます(ギャラリーは開いています)
19日・土曜日終日、23日・水曜日午前中、*24日・木曜日はギャラリー休み、25日・金曜日午前中、以上、わたしは居りません。

終日、ギャラリーの照明を落とし、、来場した方が観るときは点ける、ということにしました。
計画停電の時はもちろん点きません。

陶房の花が何も無かったかのように咲いているね、春が来たら、被災地にも花が咲くよね。
110317_123601


| | コメント (2)

2011/03/16

陶の万華鏡展は、やる!

今週、金曜日からの「清野一郎展〜陶の万華鏡〜」 は、どうしようか、、、と迷いました。

わたしの知り合いも個展を中止あるいは延期、という方がいました。
また、個展中に地震が起きた知り合いは、地震後はまったく人が来なかった、、と言ってました(当然ですね)

でも、案内はすでに出しているし、一人でも二人でも、遠い所から見に来てくださる方がいたら、そして閉まっていたら、、等々、考えて、開けよう!ということになりました。

誰も来ないかもしれないけどね、、^^  

是非、観に来てください、と言えない展覧会、、

そんな時もあるね、、


P1020652

| | コメント (2)

2011/03/14

海外からの心配メール

フランス、アメリカから、「おまえはだいじょうぶなのか?」といったメールが数通届きました。
フランスで個展をしたり、アメリカで万華鏡コンベンションに参加したことから、陶芸、万華鏡関係の方々。

わたしの住んでいる千葉市はそれほどではないので、わたしは大丈夫 と返信しましたが、、

海外でもニュースではかなり報道されているようで、、アメリカでは原発に対するニュースが多いようです。

原発の信頼性において、今回、日本はとても注目されている。

| | コメント (0)

2011/03/12

残念!千葉市民美術展覧会

昨日からの地震、千葉市は、東北地方に比べれば、大分被害は少ないのですが、それでも色々ありますね、、
先日、紹介した第42回
千葉市民美術展覧会ですが、千葉市美術館の被害というか、陳列作品の被害は結構あるようで、展示パネルが倒れたり、不安定な作品が倒れたりで、工芸部の損害は思ったより大きいようです。
残念ですが、明日の授賞式、そして、市民展自体が日にちを残して終了となります。
今回のうちの生徒さんは3人が受賞、2人が会員推挙だったので、授賞式での晴れ姿が見られないのはかわいそうですが、こればかりはしょうがないですね、、。

| | コメント (4)

2011/03/07

陶の万華鏡展、準備をしながら、、

Koten

来週からの万華鏡展の準備をしようと、作品を出しながら確認してて、、
ああ、今回は、普通?な感じの筒状の作品が多いな、と思ったが、それは、やはり理由があり、最近思うのは、言い方がむずかしいが、筒状の、手で持てる大きさ、ミラーもあまり凝り過ぎないものが「あぁ、やっぱり綺麗だな〜、永遠に不滅だな〜」という思い。

もちろん、変わったミラーシステムを追求するのも面白いし、公募展や広い会場用に、大きなもの、電源を使うもの等もつくるんだけどね。

そんな風につくるときの気持ちが色々変わることも、悩みでもあり、楽しみでもある、、んだな。

| | コメント (4)

2011/03/06

清野一郎展・陶の万華鏡

Img052


Img053

28回目の個展。万華鏡だけの個展は3回目で、今回も100点ほどの展示となります。

いろいろな万華鏡展、グループ展、から声をかけいただき、作品を出品させていただいてますが、わたしの作家としての原点は、やはり個展。

今の自分を全て見せることができるかな?

| | コメント (4)

2011/03/04

第42回
千葉市民美術展覧会

市民芸術祭の一環として、千葉市美術協会会員および公募入選作品約1000点を、日本画・洋画・彫刻・工芸・書道・写真・グラフィックデザインの7部門に分けて展示します。

3/5~25日  休館日 第1月曜日(3月7日)
開館時間 10:00-18:00  金、土曜日は20:00まで
※最終日は17:00まで 

今日は美術館で工芸の陳列が行われましたが、わたしは陳列主任だったので、朝から実行委員の皆さんと作品をならべてきました。
110304_141702


110304_141703


110304_141701
工芸は、全陳列点数101点だったかな、、うちの教室からは、会員、一般公募合わせて10人以上出品しているので、市展への貢献度は高いな〜^^ みんな、楽しみながら、がんばって!!

| | コメント (3)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »