« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の記事

2013/07/30

シーサー作り@生涯大学!

わたしが、陶芸科の講師となって24年くらいになりますね〜、、千葉県生涯大学校、外房学園。

きょうは、陶芸科のAクラス、Bクラスそろって、シーサーを作りました。
この作品は長生郡長柄町のエコフェスタ「百人手作り村」に出品販売の予定です^^
Si1 Si2 Si3
いい感じに出来ましたね〜! おもわずにこやかになりますね〜! 同じように作っているのに、みんな顔が違います(笑   そこが面白いんですよね。
焼き上がりが楽しみです!!

| | コメント (2)

2013/07/28

御礼「32回クオパン企画」LIVE!!

Qp73Qp72_2Qp71_2


昨日のライブハウスANGAでの、クォーターパウンド企画ライブ、たくさんのお客様で、毎度なんですが、ありがとうございました!! 

暑い夜、生ビールもかなり出たようで、、またオードブル等ANGAさんも女性を意識してサラダ等増えましたね、正解でした。

出演は、モノクローン、多幸詩一座、クォーターパウンドでした!


3ヶ月に1回、わたしがギター弾いていますバンド「クォーターパウンド」による土曜の夜の企画ですが、常に対バン、ゲスト募集しておりますよ〜^^
オレたち、ワタシたちも! という方、ご連絡ください〜

| | コメント (0)

2013/07/20

冷や麦の日 2013!

Image

もう、完全に毎年恒例の「土曜クラス冷や麦食べ放題」
「Aさん」の持って来てくれる冷や麦、ほんとに美味しいんですよね(^^)
冬はうどんです。
Aさん、いつもありがとうございます!

| | コメント (0)

2013/07/19

陶芸教室生徒作品紹介55

Oku1Oku2

金曜クラスの「O」さんの作品、、大きめな鉢?
「T」さんが作った型をうまく使いきれいな作品になりました。
サラダ? 冷や麦? 
半磁器を使い、イッチンで、白と青の点。
乳白釉を掛けてより白く、、、
なんとなく涼しげな、まぶしい白の器ですね。

| | コメント (0)

2013/07/15

皿も作るんです、、(笑

Sara

ある、和食のお店で使う小皿です、、、 普通に陶芸的?なものだって作りますよ(たまには)
あ〜、忘れてた!! 前回10万アクセスの記念に、キリ番の方に、わたしの小品をプレゼントさせていただいたんだ、、、
15万アクセス記念を少し考えてたんだけどな〜〜残念!過ぎてます(笑
まあ、次は20万アクセスで何か考えよう^^

| | コメント (0)

2013/07/14

陶の万華鏡「Entrance to」

最近けっこう作っているタイプ。

ドライで、オブジェクトが集まる時と、離れるときの差が大きいところが気に入っている。
ん〜、、なにか?どこか?への入り口、というテーマですな。
早速、新薬(笑
E2 E22

| | コメント (0)

2013/07/12

釉薬を楽しまないと!「亜鉛結晶釉⇔白マット釉」

Image

清野陶房では、皆さんが自由に使える釉薬が30数種ありますが、今回「亜鉛結晶釉」が増えました。
と、言っても以前あったもので、あまり使用されなくて作っていなかったものが復活したのですが、、
画像は大して練らしもしないで普通に焼いたものなので、結晶も1ミリ程度のものですが、、通常の白マットでは、今一つ味気ない、という時に変化のある白マットとして使ったらいいと思います。
結晶釉とマット釉は少し焼成方法を変えることで、どちらにもなるものが多いですね。
ただし、厚掛けすると流れやすいので、そこだけ注意してください(^ー^)ノ


| | コメント (0)

2013/07/06

32回 クォーターパウンド企画ライブ! 告知

★第32回 クォーターパウンド企画ライブ★  毎度告知です!

夏季注意!納涼QP祭り!

Qpmenberm_2

出演 モノクローン  多幸詩一座  クォーターパウンド

★7月27日 土曜日

★LIVE HOUSE [ANGA]

260-0015 千葉市中央区富士見2-16-4-B1

TEL&FAX 043-224-7769

開場:18:30

開演:19:00

打ち上げ25時まで、、

★入場料金/2,000-プラス1ドリンクご注文ください。

クォーターパウンド ホームページ

http://homepage1.nifty.com/seino/quarter%20pound.html

よろしく〜

| | コメント (0)

2013/07/01

釉薬を楽しまないと!part2

しばらく記事がなかったので、、いま試験が終わった釉薬「マンガンラスター釉」のことでも。

ほとんど万華鏡を作っている、と言っても、それも陶器なわけで、わたしは陶芸家なわけで、、釉薬なども日夜研究、実践しておりますよ。
教室でも、30種以上の釉薬を自由に使えるし、あるいは生徒さんと一緒に新たな釉を作る事もあります。
今回の「マンガンラスター」は、光彩のある、金属的な輝きの釉薬ですが、うちで普段焼いている温度、1250度あたりで焼いても流下しないで(ここ大事なんです)きれいにラスター彩が出るように、と考えて作りました。
教室の方と話していて「何に合うかね、、」「お酒入れたら輝きが綺麗そうですね!」「あ〜、そうだね、酒器作るか、、^^」
Mn1
Mn2

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »